江古田のボードゲームカフェオーナーの徒然なる日記

SHIMIZUBLOG

MMA

【RIZIN.11】浅倉カンナvsRENA再戦決定!そこに物語はあるのか

投稿日:2018年6月1日 更新日:

こんにちは、シミズでございます。

自分は総合格闘技(MMA)を観るのが趣味でして、今、日本のだとRIZINをよく観ています。

といっても、RIZINはなかなか開催頻度も少ないので、最近だとONEとかAbemaTVの「格闘代理戦争」あたりが熱い!

そんな中、ようやく今年関東圏一発目のイベントのRIZIN.11の対戦カードが決まってきたので、自分の中でじわじわ盛り上がってきました!

何と言っても、個人的注目なのは、浅倉カンナ選手対RENA選手の一戦ですね〜

昨年のトーナメントから夫婦共々ずっとカンナ選手を応援してきて、今年に入ってカフェをオープンして、RIZINのポスターサポーターになって舞い上がっていたのもつい最近のこと。

今回も全力応援しますよー!

この個人的に大注目の一戦の見所とこのマッチメークについて思うところをまとめておこうと思います。

1回目の対戦は、2017年大晦日

2017年大晦日、RIZIN.9で開催された女子スーパーアトム級トーナメントの決勝で2人は対戦。

「がんば〜れ、カンナちゃん!」と叫ぶ少女の声が会場に響き渡る中試合は進み、カンナ選手が1RでRENA選手を絞め落として完勝。

スタンドではRENA選手の打撃はみられず、カンナ選手がタックルを決めて、そのままグラウンドでチョークとかなり一方的な展開だったような気がします。

会場はRENA選手有利の見方が大半だったのでかなり盛り上がっていましたね〜

この日、試合が終わって立ち上がったのはこの試合だけだったなぁ

 

RIZIN.10でのRENA選手の再戦アピール

今年、5月6日のRIZIN.10のカンナ選手の試合後、RENA選手がリングに現れ、再戦を要求した時はちょっとびっくりしましたね〜

いつかはやるんだろうなとは思っていたけど、早すぎないかと。

7月なり8月にRENA選手のMMA復帰戦があって、そのあと9月か大晦日に再戦という流れなのかな〜って思っていたんですけどねぇ。

RIZINも他に切れるカードがないのかも……

RENA選手も大晦日以降、MMAの試合をしていない中でいきなりの再戦要求は賛否が別れるところで、要求を受けたカンナ選手もかなり困惑した様子でした。

そりゃ複雑だろーにね。

 

RIZIN.11での再戦決定

兎にも角にも、RENA選手の再戦要求通り、RIZIN.11でカンナ選手とRENA選手の再戦が決定。

格闘技ファンの中でも、やっぱりこの決定には色々賛否が別れるところでしょう。

MMAの世界では再戦はよくあることで、トリロジー(3回戦うこと)も珍しくないけど、大抵は1回別の選手との試合を挟んで再戦が組まれることが多いですしね。

1戦目がよほど僅差でスプリットの判定決着だったりした場合は、即再戦ということもあるけれど、今回の1戦目はカンナ選手の圧勝だったこともあり、なおのこと「そんなすぐ再戦なのー!?」ってね。

 

そこに物語はあるのか

いかんせん決まった以上は、一ファンとしてカンナ選手を応援するのみ!

7月29日はさいたまスーパーアリーナへ行きますよ〜

そして、ずっと日本の総合格闘技をみてきて最近思うのは、今回に限らずだけど、そのマッチメークに「物語」はあるのか、と。

個人的に格闘技の最大の魅力って、対戦する選手同士にそれぞれ物語があって、その2つの物語が試合を通して交差することで生まれるドラマだと思うんです。

それがうまかったのがDREAMね!

ただどちらが強いかを決めるだけじゃなくて、見る側としてはその物語に感情移入して観るからこそより格闘技って面白いコンテンツになる訳で、最近はそんなマッチメークが減っているような気がします。

今やかつてのPRIDEのヒョードルvsノゲイラのように、純粋に人類最強を決める試合を日本でやれる訳でもなし、それでもしっかりテーマを持たせて観客を引き込んだイベントにするなら重要になってくるのは、そこに物語があるのかどうかだって思います。

これから7月29日に向けて、どう演出してくるのかを楽しみにしつつ待ちたいですね。

そして、またポスターサポーターやりたいなぁ

それでは〜

-MMA

Copyright© SHIMIZUBLOG , 2020 All Rights Reserved.