【Homebridge】いろんなものをHomeKitに対応させてみよう!! – 第二弾 –

スマートホーム

Homebridgeを使った、HomeKit拡張 第二弾!!

はじめに

第一弾に引き続き、Homebridgeのプラグインによる、Appleホームで扱える機器の拡張についてご紹介いたします。

初期設定のやり方が知りたい方は、こちらをご覧ください!↓↓

今回は、WindowPCの遠隔起動(Wake On LAN)できる機能をAppleホームに追加していきます!!

Wake On LANとは?

まず、Wake On LAN(WoL)の原理を簡単に解説します!

WoLは、特定のネットワークパケット(マジックパケット)を送信することで、スリープ状態や電源がオフのコンピュータをリモートから起動する技術です。

このマジックパケットは、目的のコンピュータのネットワークアダプタに送信され、アダプタがそのパケットを受信することでコンピュータを起動します。

簡単に例えると、リビングにいるのに、別の部屋の照明をリモコンでつけられるようなイメージです。

利用するための要件

WoL を利用するには以下の要件を満たす必要があります:

  • 対応ハードウェア: コンピュータのマザーボードとNICが WoL に対応していること
  • 対応ソフトウェア: オペレーティングシステムやドライバが WoL をサポートしていること
  • BIOS/UEFI 設定: BIOS または UEFI で WoL 機能が有効化されていること
  • ネットワーク設定: ルーターやスイッチが WoL パケットを適切に転送するよう設定されていること

PCの設定 & 手順

遠隔起動したいPCの情報を取得する

※homebridgeの設定で使用します。

  1. Windowsの設定を開く(スタートキーを右クリック > 設定)
  2. ネットワークとインターネット」の中にある、「プロパティ」を開く
  3. 下部にに書いてある「物理アドレス(MAC)」をメモ帳などにメモしておく
  4. IPv4アドレス」もメモ帳などにメモしておく

さらに、詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!↓↓

Windowsの設定を変更する

  • ハードウェア「Ethernet」の設定
    1. スタートボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を開く
    2. ネットワークアダプター」> 「〇〇〇 Ethernet Controller 〇〇〇」に移動
    3. 右クリックし「プロパティ」を開く
    4. 詳細設定」>「Wake On Magic Packet」を有効にする。
      ※名称が異なる場合があります。
    5. 電源の管理」>「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックを入れる
  • 高速スタートアップをオフに変更
    1. Windowsの検索で、コントロールパネル」と検索し、ダブルクリック
    2. 表示方法を「小さいアイコン」又は「大きいアイコン」に変更
    3. 項目一覧の中から、「電源オプション」を開く
    4. 左上の、「電源ボタンの動作を選択する」に移動
    5. シャットダウン設定の「高速スタートアップを有効にする」を無効に変更
      ※デフォルトでは、グレーアウトして操作できないので、上部の「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックし、変更できるようにする必要があります。

以上で、Windows側の設定は終了です。

BIOSの設定を変更する

  • BIOS画面を起動
    1. まず、PCの電源を消します。
    2. 電源を入れ、BIOS起動用のキーを連打しUEFI BIOS Utilityを起動します。
      ※各メーカーによって入力キーが違うので、下記のページで確認してください↓↓

BIOSが起動できたら、WoLの設定を有効化していきましょう!!
※今回は例として、ASUSでのやり方を解説します。

1. EZ mode が表示されている場合は <F7> を押して Advanced mode に切り替えます。

2. Advanced > APM Configuration の順に進みます。

3. Power On By PCI-E を [Enabled] に設定します。

4. <F10> を押して設定を保存し、システムを再起動します。

以上で、マザーボード(BIOS)側の設定は終了です。

homebridgeの設定 & 手順

プラグインを追加する

  1. homebridgeの「ダッシュボード」から「プラグイン」へ移動
  2. 「インストールするプラグインを検索…」と薄く書いてある、検索バーに「WoL」と入力
  3. 一番上に出てくる「Homebridge WoL」の右下にある「↓」を押し、インストール
  4. 少し待って、プラグインページに追加されれば完了

プラグインの設定

  1. homebridgeの「ダッシュボード」から「プラグイン」へ移動
  2. プラグインの右下にある点をクリックし「設定」を開く
  3. Name」の部分に、つけたい名前を入力 ※今回は『My PC
  4. Pinging configuration」>「IP address or hostname」の部分にメモしておいたIPアドレスを入力
  5. Wake configuration」>「MAC address」の部分にメモしておいたMACアドレスを入力
  6. [保存]をクリックし、[再起動]する
  7. 再起動が完了したら、「ダッシュボード」から「アクセサリ」へ移動
  8. アクセサリが追加されており、クリックするとPCが起動すれば設定成功です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Homebridgeを使用してWake On LAN (WoL) 機能をAppleホームに追加する方法を詳しく解説しました。

HomebridgeとWoLプラグインを活用することで、Apple Homeアプリから簡単に家庭内のコンピュータをリモートで起動できるようになり、在宅勤務やリモートアクセスの際に非常に便利です。

私の使い方としては、AppleホームからPCを起動、Chromeリモートデスクトップで操作することで、いつでもどこでも操作することができてとても快適です!!

みなさんも、ぜひWoL機能を導入してみてください!^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました